仙台市、泉区、内科、循環器内科、生活習慣病、予防接種、健康診断

コラム

第三回:生活習慣病

今回取り上げるのは「生活習慣病」です。

次回からは何回かに分けて、当院に定期通院されている患者さんの中でも多い、生活習慣病と呼ばれる病気をテーマに詳しくお話しします。

その前に今回は「生活習慣病」についてと少しお話しします。


◉生活習慣病とは?

生活習慣病とは何でしょう?

厚生労働省は「生活習慣(食事や運動・喫煙・飲酒・ストレスなど)が原因で起こる疾患の総称」と定義しています。

代表的なものとしては

 ・高血圧症

 ・脂質異常症

 ・糖尿病

 ・動脈硬化症

 ・(痛風の原因となる)高尿酸血症

などがこの生活習慣病に当てはまります。

 

 

◉生活習慣病を放置するとどうなるの?

実は生活習慣病は「痛い」、「痒い」などの自覚症状はありません(痛風は痛いですが・・・)。ではなぜ症状がないのに治療が必要なのでしょうか?

それは、これら生活習慣病が全て日本人の三大死因であるがん・脳血管疾患・心疾患の原因となるからです。がんは言わずもがな、脳血管疾患・心疾患も命に関わる病気です。

特に脳血管疾患・心疾患は、元気で前日まで仕事をしていた人が、ある日突然命を落とすこともあり得る恐ろしい病気です。これらの致死性の病気にならないよう、症状はなくても生活習慣病の治療が重要となるわけです。


◉生活習慣病の治療は?

「高血圧」「糖尿病」「脂質異常症」などと言われたらどのように治療が始まるのでしょうか?

生活習慣病の原因は名前からもお分かりのとおり、全て生活習慣と密接に関わる病気です。

これらは「かたよった食事・運動不足・飲酒・喫煙・ストレスなど」が原因ですので、「バランスの良い食事・適度な運動・お酒は適量・禁煙・ストレスを発散させる」などの生活改善することで予防・改善することが可能です。

生活習慣病は全て、まずは生活を改善することから治療がスタートします。生活習慣改善後にもまだ血圧や採血データが改善されない場合には、それぞれに対する薬を内服して治療を行います。


次回からはそれぞれの疾患について詳しくお話しします。


<<
022-253-0838